コンタクト

メールアドレス:

自己紹介文

要件定義からデバッグまで、ソフトウェア開発の万屋的存在。
幾度となく、痛い目にあいながらも、未だこの業界にとどまっている。