« お気軽にXMLを扱ってみる 其の6 | トップページ | コルーチン »

2010年10月23日 (土)

お気軽にXMLを扱ってみる 其の7

では、構文解析です。

構文は、字句解析して得た語句を走査して、状態遷移を切り替えながら解析していきます。

たとえば、最初の状態から、『<』をみつけたら、要素定義開始状態に移行して、『>』を見つけるまで、要素として情報として取得して、『>』をみつけたら、要素定義完了みたいな感じです。

ということで、要素関連で状態遷移図を設計したら、以下の様になりました。

1

状態を一つずつ解説しますと、

初期状態 初期、要素の中にいる状態
要素開始 要素名取得前状態
要素名 要素名取得状態
終了要素開始 要素名(終了)取得前状態
終了要素名 要素名(終了)取得状態
終了要素 要素終了前状態

となっています。

次回は、これらをコード化してみます。

|

« お気軽にXMLを扱ってみる 其の6 | トップページ | コルーチン »

C++」カテゴリの記事

XML」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お気軽にXMLを扱ってみる 其の7:

« お気軽にXMLを扱ってみる 其の6 | トップページ | コルーチン »